検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

千の夜と一つの朝

千の夜と一つの朝

  • 歌手:
    ELLIS
  • 発売日:
    1993/04/15
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 23,700
 
歩道橋の手すりに 頬づえついたままで
あなたのこと困らせた 終電はすぐそこ
ケンカさえもまだ終わらないのに 今日も
この場所からはがされてく
こんなに 愛してるのに

なぜ2人だけ 別々の夜を
終わらせなきゃ いけないの
あとどれだけ 夜を数えたら
光る朝に出会えるの

一人帰る電車の窓の外 見ていた
待ち合わせの店のネオン 手をつないだ 公園
流れてゆく 今日という 思い出と ともに
バッグ胸に 抱きしめてる
もうあなたに 会いたいよ
なぜ2人だけ別々の夜を
終わらせなきゃ いけないの
今降り出した星屑が
窓を ななめに流れて ゆくよ

なぜ2人だけ 別々の夜を
終わらせなきゃ いけないの
あとどれだけ 星を数えたら
光る朝に出会えるの

川にうつる街の影 人気のない改札
なぜ2人だけ 別々の夜を
終わらせなきゃ いけないの
今 吹きぬけた 風は
あの人の耳もとにも ささやくの

なぜ2人だけ 別々の夜を
終わらせなきゃ いけないの
あとどれだけ 夜を数えたら
光る朝に出会えるの