Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

虹色の朝

虹色の朝

  • 歌手:
    清木場俊介
  • 発売日:
    2019/10/23
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,505
 
沈む夕日に照らされるお前の顔
世界中の誰よりも世界中の何よりも
美しいから照れた俺のこの顔が
世界中の誰よりも間抜けに見えてるんだろう?

手を繋いでしばらくただ歩こうか?
波の声を聞きながら足跡を残しながら
特に話す事もない二人だけど
振り返るその道が今日までの足跡だろう

この空に咲く花があるならば
俺にとってお前はその花になるんだろう

これから先ずっとお前と
暮らして逝きたいよ
派手な暮らしよりも
二人幸せになれる二人だけの幸せを…探そう

出逢ってからもう何年経つだろう?
暗くて泣いた夜明けも…凍えそうな冬の日も…
二人ならば例えどんな嵐でも
必ず陽が昇るから耐えられるはずと言った

この空に舞う光があるなら
その光を二人で抱きしめて過ごして逝こう!

これから先きっと
迷いもすると思うけど
変わらずそっとお前を
守って逝けるように二人だけの幸せを掴もう!