Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

打ち上げ花火

打ち上げ花火

  • 歌手:
    Cellchrome
  • 発売日:
    2019/08/14
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 394
 
花火上がる夏夜空 聞こえないようにつぶやく
君と過ごす最初の夏が 花火みたいに消えないように

(夜空一面に広がっていく 夏の終わり打ち上げ花火)

夕暮れの駅前君と 待ち合わせ2人はにかんで
喜びと同時に辛くなって 胸締め付けてる

人混みかき分けりんご飴買って とっておきの特等席
フェンス乗り越えて校庭の隅 2人だけの秘密基地

花火上がる夏夜空 君はきっと気付いてる
りんご飴食べる君につい 見とれてしまって余計にぶるって
その手すら握れなくて
ぱっと開くその音で 聞こえないようにつぶやく
君と過ごす最初の夏が 花火みたいに消えないように

(夜空一面に広がっていく 夏の終わり打ち上げ花火)

街灯の無い帰り道 君と離れるの寂しくって
夏の静けさが来る前に 君に伝えたい

想いが募って胸が苦しくて たった一言がまだ
言葉にならなくて勇気が出なくて 願う空に流れ星

花火上がる夏夜空 僕らを残して広がる
グッと距離が縮まっていく そのタイミングをずっと狙って
君の手まだ握れなくて
ぱっと開くその音で 聞こえないようにつぶやく
君と過ごす最初の夏が 花火みたいに消えないように

会えないと寂しくて だからこのままそばにいて
忘れてしまえば楽なんて 思ったりしたけど
何度だって何度だって 君じゃなきゃダメだと
消えかかった想いが 僕に問いかける 離さないで

花火上がる夏夜空 君はきっと気付いてる
りんご飴食べる君につい 見とれてしまって余計にぶるって
その手今握ろうとして
ぱっと開くその音が 僕と君を結ぶ合図
君と過ごす最初の夏が 花火みたいに消えないように

(夜空一面に広がっていく 夏の終わり打ち上げ花火)