Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

イルイミ

イルイミ

  • 歌手:
    JUNNA
  • 発売日:
    2019/07/24
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,541
 
ガラス瓶に映る様に 滑稽に見えた世界で
月明かりに触れる様に 不確かに手を伸ばす
雨晒しの胸をすっと 切りつけそよぐ風を
心地良く感じれたなら どれだけいいのにな

I'm still searching for the proof
今此処にいる意味を

きっと痛い程脆くて儚い願いも
そっと絶やさずに居れたら夜は明けるかな
I'm waiting for the light on the edge of darkish night
曖昧でいいや 期待してみよう

流木の群れの様に 薄情に過ぎる世界で
ぬくもりに触れる様に 臆病な手を伸ばす
こぼれ落ちたものをふっと 吹き消しそよぐ風を
心地良く感じれたなら どれだけいいのにな

I'm still searching for the proof
今此処にいる意味を

きっと痛い程脆くて儚い願いも
そっと絶やさずに居れたら夜は明けるかな
I'm waiting for the light on the edge of darkish night
曖昧でいいや 期待してみよう

ただ喝采も無く 人知れず夢の残骸を抱く
不意に失くしては取り戻して また崩れては抱き起こして
少しだけ期待してるんだ ほら少しだけ空が白んで

きっと痛い程脆くて儚い願いも
そっと絶やさずに居れたら夜は明けるかな
I'm waiting for the light on the edge of darkish night
曖昧でいいや イルイミを
きっと何より望んだ小さな想いも
そっと育てていけたら優しくなれるかな
I'm waiting for the light on the edge of darkish night
細やかでいいや 期待させてよ