Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

線香花火

線香花火

  • 歌手:
    Super Break Dawn
  • 発売日:
    2019/07/09
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 206
 
蝉達の鳴く声が
空埋めた 真夏日の午後
のぼる陽炎の中
ぎこちなく挨拶を交わした

それが「出会い」だったと
今更気付いたのは
「別れ」が近づく音がしたから

風鈴とその髪を
ふわり撫でた風は
ゆっくりと峠を越える
もう少し あと少し
そんな願いは
祭囃子の音に そっと溶けた

夏に咲いた恋
火を点けた線香花火
想いが募って
赤い牡丹が揺れる
小さい身を焦がし
泣く君としだれ柳
悲しいほど とても綺麗だね

互いを知るのには
あまりに短い季節が
残像だけ残して
夢のようにもうすぐ終わる

星が降る畦道
宵宮の石畳
確かに君と歩いた夏の日

寄せたなら引き返し
咲いては散るように
総ては廻ってゆくもの
二人居た 場所にまた還る
それだけなのに
この手を離すことが 出来ない

夏に燃えた恋
映すのは線香花火
シャツの袖残る
火薬と君の薫り
明日の今頃は
遠くもう離れ離れ
苦しいほど 君が好きだった

寂しげなコオロギの調べが
よく通る今夜は
心の声まで聞こえそうだね
繋いでた手のひらを
また握り直して
二つ小さく灯る火を
何か願うように見ていた

夏に咲いた恋
火を点けた線香花火
想いが募って
赤い牡丹が揺れる
小さい身を焦がし
泣く君としだれ柳
悲しいほど とても綺麗だね