Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

銀河高速

銀河高速

  • 歌手:
    ハンブレッダーズ
  • 発売日:
    2019/06/12
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 531
 
何処までも行けると思った夜だった
血と涙と汗が混じり合っていた
続けてみることにしたよ
走る 銀河高速

時代の波ならば HIP HOP
イマドキ女子は皆 Tik Tok
未だに僕らはロックンロールと
フォークソングをシンガロング

時給900円 コンビニバイト
責任 やりがい 正直ないよ
これくらいのお弁当箱に
廃棄寸前の夢のカケラ詰め込んで

新しい歌を書く度
聴いて欲しい君の顔が矢継ぎ早に浮かんだ

つたない音と言葉 書き鳴らして
いつからか遊びがマジになっていた
あの日と何も変わらずに
なんて台詞は嘘くさいけど

何処までも行けると思った夜だった
血と涙と汗が混じり合っていた
懐かしい歌を流して
走る 銀河高速

理想と現実は二律背反
綴る言葉だけが道を開いた
君を主役にするBGMを
不甲斐ないなりに歌いたいんだ

浮かんだサビの歌詞 書く途中に
鉛筆の芯が折れてしまった
それくらいのことでどうして?って
出来事でまたしても夜に捕まった

終わる兆しの無い旅
このままでも僕ら大丈夫かな?

見て見ぬフリしてきた現実に
押し潰されてしまいそうな夜だった
心にもない言葉が出る
ここが潮時かもな

いくつもの恥に恥を重ねて
数え切れぬ言葉を嘘にして
長いトンネルを抜けて
まだ歌いたいと思っていた

何処までも行けると思う夜だった
血と涙と汗が混じり合っていた
続けてみることにしたよ
走る 銀河高速

この夜の向こうまで
走れ 銀河高速

時代の波ならば HIP HOP
イマドキ女子は皆 Tik Tok
未だに僕らはロックンロールと
フォークソングをシンガロング

時給900円 コンビニバイト
責任 やりがい 正直ないよ
これくらいのお弁当箱に
廃棄寸前の夢のカケラ詰め込んで

時代の波ならばヒップホップ
イマドキ女子は皆 tik tok
未だに僕らはロックンロールと
フォークソングをシンガロング

時給900円 コンビニバイト
責任 やりがい 正直ないよ
これくらいのお弁当箱に
廃棄寸前の夢のカケラ詰め込んで