Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Back-alley Monologue

Back-alley Monologue

  • 歌手:
    漣ジュン(内田雄馬)
  • 発売日:
    2019/04/24
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 8,951
 
一筋射した光の糸に 縋れないプライドじゃ偽物だ
踏みつけられた路地裏のすみ 現れた目映さに手をのばす

与えられた運命がただ 満ちるのを待っているだけじゃ
きっとすぐに足をすくわれる 失って気づいても遅いんだ

届かないほど焦がれた場所 掴めないほど欲しかった場所
願いかたも忘れそうに 遠くに見つめて
握りしめた拳のなか 今鼓動が熱を帯びる
零れそうなあたたかい光は 本物だ

目覚めることを怖れるように この夢は瞬きも惜しくなる
切り取った空の先がこんなに 広かったとひとつずつ噛みしめて

どうしようもないこともある 無力に打ちのめされながら
それでも不器用な今日が 輝きを現実に変えていく

守るほどに壊しそうで 奪うほどに求めそうで
うまくできないもどかしさで 喉が熱くなる
そっとひらく手のひらから うまれたての熱が伝う
路地裏へと優しく世界が 微笑んだ

届かないほど焦がれた場所 掴めないほど欲しかった場所
願いかたも忘れそうに 遠くに見つめて
握りしめた拳のなか また鼓動が熱を帯びる
孤独だった世界の終わりに たどり着く True world