Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

レースのカーテンを揺らした

レースのカーテンを揺らした

  • 歌手:
    チームしゃちほこ
  • 発売日:
    2019/02/13
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 1,181
 
冷たい風が吹いた
あの娘のスカートを揺らして 少年の汗を飛ばして
僕の部屋に吹いた

冷たい風が吹いた
男のスーツをなぞって 彼女の涙をすくって
僕の部屋に吹いた

いつからだろう ぬくもりに慣れて頑張れなくなったのは
いつからだろう 恥ずかしくなって走れなくなったのは

数え切れない思いの中で たった一つの思いが叫ぶ
それは誰にも聞こえないようで きっと誰かが聴いている
使い切れない言葉の中で 使い古された言葉をただ
当たり前だと笑うようで きっと誰もが望んでる
生きたい

冷たい風が吹いた
あなたの祈りをさらって 優しく頬を触って
僕の部屋に吹いた

いつからだろう
いつからだろう

数え切れない思いの中で たった一つの思いが叫ぶ
それは誰もがしていないようで きっと誰もが隠してる
拭い切れない涙の中で やっと掴んだ日常をただ
うまくこなしていたいようで きっと誰もが足掻いてる
生きたい

冷たい風が吹いた
疲れた顔にキスして 繋いだ手を通って
僕の部屋に吹いた
冷たい風が吹いた
世界中を旅して 透明になった風が
レースのカーテンを揺らした

数え切れない思いの中で たった一つの思いが叫ぶ
それは誰にもわからないようで きっと誰もがわかってる
数え切れない奇跡の中で たった一つの奇跡が叫ぶ
平気な顔をしてるようで きっと誰もが叫んでる
たった一つの命として
代わりのいない命として
かけがえのない命として

生きたい