Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

結晶世界

結晶世界

  • 歌手:
    斉藤壮馬
  • 発売日:
    2018/12/19
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 6,234
 
結晶みたいで綺麗ね
そう言って笑った きみは
けして戻らない軌道に
ゆるやかに落ちて 溶けてったのかい
閉ざされた愛の欠片
見つけたふりして 本当は
指の隙間から さらって
零れ落ちてんだ 宇宙へさ

いつかはあの星の土を
この足で踏みしめようって
夢物語はついにもう
くだらない現実と化して

グッバイとかハローだとか
そんなのどうだっていいよ
さよならを結晶世界に
閉じ込めるよ

きみはどうしてそんなふうに
月の裏側みたいに笑える?
まるでドーナツの穴のよう
たしかなものなんて ひとつもないんだ
ないんだよ

冬の朝って綺麗ね
誰かの声をきいて
それじゃあさって またね
果たされなくって 幽霊で

秘密のくちづけをしようよ
ぽくらなら きっと大丈夫
終わりのない 旅に出ようよ
怖くはないさ 大丈夫

アイノウとかハウロウだとか
そんなのは勝手にしなよ
最高のハッピーエンドを
ぶち壊すよ

きみはどうしてこんなふうに
完璧な世界に舞い降りていく?
あしあと 刻みつけたって
すぐに見えなくなる すべてがあいになる

降り積もる 雪のように
みんな そう 灰になる
ひび割れた掌じゃ
すくえない すくえない
壊れゆくマテリアル
阪い込まれ 風になる
溶けてゆく たぶん ねえ
ぽくらいま まざりあっている

きみはどうしてそんなふうに
月の裏側みたいに笑える?
まるでドーナツの穴のよう
たしかなものなんて もういらない

きみはどうしてそんなふうに
月の裏側みたいに笑えるんだい
ドーナツの穴のよう
たしかなものなんて もういらないんだ
さあ
いこう