Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

遺書

遺書

  • 歌手:
    ぼくのりりっくのぼうよみ
  • 発売日:
    2018/12/12
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 13,804
 
拝啓 見知らぬ誰かへ
この音が届いた宛先まで
墨を落とす、一文字たりとも
無駄にしないよう 満ち足りないよう

数多の言葉を綴ってきましたが
致し方ないことだけが確かな
事実なんだと明らかに見ています
斑目に居ます

一面の銃口に囲まれて暮らすような気持ちです
蜂の巣にされるのもそう遠くない未来でしょう
そんな景色が脳裏を過ります
次第にそれしか考えられなくなっていきます
私が筆を置くことにした理由です

これが最後の手紙です

天国に辿りつくまでの
僅かな猶予さえ
永い永い走馬灯のなか
彷徨う命でしょう

永久に思うほど
耐えられぬ退屈を
遺書に記して
判決の時を待つ

“あなた”に届いたかはわからない
ただ此処にこの言葉は残っている

正解か不正解か やってみなければわからないというのが
結局のところです
丹精込めて育てた偶像を
今日を持って破壊することに決めました
お世話になりました
またどこかでお会いできることを祈っております
祈っております

(気付かぬうち、自分で自分を呪っていた)
(言葉を解さない石ころに、一人で話し続けていた)
(意味がない、切りがない この歌もきっと響かない 誰にも)
(願わくば、この言葉たちが誰かを呪いませんように)

言葉なんて 気休めでしか無いと
気づいてしまったから
理解しあうなんて
絵空事にはもう耐えられない

何光年の距離があって
届かない光なら
知らないままで
簡単な話だった

“あなた”に届いたかはわからない
ただ宇宙にこの言葉は漂っている

永すぎる生のなかで
交差したことを祝いましょう
それ以上は望まない
それ以上は望めない

天国に辿りつくまでの
僅かな猶予さえ
永い永い走馬灯のなか
彷徨う命でしょう

永久に思うほど
耐えられぬ退屈を
遺書に記して
判決の時を待つ

“あなた”に届いたかはわからない
ただ此処にこの言葉は残っている