Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

our stream

our stream

  • 歌手:
    岸田教団&THE明星ロケッツ
  • 発売日:
    2018/12/05
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,700
 
プラスチックな感覚と午前3時の境界線
朝の残骸を蹴って魔法が解けていく

星は瞬いて僕を迷わせる
待ち焦がれているのに声は届かない

後ろめたそうに欠けていく月の在り処や
もの言わぬ空にさえ何か祈りたい気分

この街の空気の何パーセントが溜息なんだろうって息を吸う

紅く照らされた感情をdropして 沖に向かっていく
未だサヨナラも確実なattentionで言えないでいる

屈折した光漂う冷たい水の中
あの愛しさにも似た衝動が全部散っていった

途端に足元が抜け
眩暈の渦に巻かれてしまう
僕らの源流はまだ、この身にながれているんだろうか

深い深い底の方
もうない世界と涙を湛えて

いま閉ざされた未来をbreak outして 意味を刻んでいく
この瞬間に許されていたくて 誰かを探してる

未だサヨナラを必要な温度で言えないでいる

この瞬間に 愛されていたくて 君を探してる
未だサヨナラも確実なattentionで言えないでいる