検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

白無地方向幕

白無地方向幕

  • 歌手:
    六文銭
  • 発売日:
    2018/11/07
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 59
 
ひとふしのメロディーが朝から頭を離れない
くちの中でくりかえし小さく歌い
どこかで聞いたと 記憶のもやの中を探し回る
たどり着けずに正午を過ぎて
ガラス戸ごしに曇りの空を眺めている

どこで聞いたのだろう この微妙な節回し
子守唄のようでもあり ラメントのようでもある

愛しあったり
愛されない苦しみにひそかに裏切りに走ったり
音もかたちもない
ふとした凪のような
自分であるのかほかの人であるのか
消え去りやすく けれど不意に戻ってくる

生れて二ヶ月の赤ん坊が
朝の小鳥のコロラチュラにじっと耳をすましている
遠い眼をして

何度でもあきらめよう
そのたびに輝くものがある

迷子よ
迷子よ
後戻りはきかない