検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

カイバノネイロ

カイバノネイロ

  • 歌手:
    edda
  • 発売日:
    2018/11/07
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 176
 
蹴られた愛が 恐ろしくて
逃げ出したのは空の果て
瞼を閉じたら どこ行こうか
胸の穴隠して

ああ光 届きそうにないね
広がる未知にそっと たどり着いたら
もう一度

がらんどうな身を引きずって
ゆれる灯を 遠く見てた
わからないまんまでも うまく歩けるだろう
世界が色を変えたなら
いつか思いだすのかな
いま忘却の雲を超え

居場所を探して 見知らぬ街
いくつかの想い眺めて
溶け合うこと 恐れて広がる
胸の穴なぞった

ああ何を 手放してきたんだろう
写しが妙にブレて 僕らは笑った?
記憶の底

弾けた心をすくって
寄せ集め 偽られた
不完全な僕らは 手を取り合うのだろう
世界が崩れてしまっても
見失わずいれるかな
いま忘却の雲の下

泣いてるのは あの日と同じ
幼い記憶の欠片
ネイロに満ちて 包みこまれたなら
進めるさ

がらんどうな身を引きずって
ゆれる灯を 遠く見てた
わからないまんまでも うまく歩けるだろう
世界が色を変えたなら
いつか思いだすのかな
いま忘却の雲を超え