Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

246:3AM

246:3AM

  • 歌手:
    稲垣潤一
  • 発売日:
    1982/07/21
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,538
 
午前3時の カフェテリアは
誰も居ない ミッドナイト・ブルー
髪を染めた貴女と
戸まどう間もない出逢いの
語る言葉さがし
息をつめて見つめた

あれは確か19だったよね
西陽強いアパート
膝が抜けたジーンズひとつと
ギターと
愛に気付くひまもないほど
せっかちに求め合い
暮らしてた 短い夏
苦しいほど 想い出されて来たんだよ

こんな夜更けに
独りきりの
わけを聞いてみても
多分 僕と同じさ
横顔には夢の名残り
もしも深く問えば
傷つけてしまうだろう

テイク・アウトのビッザ受け取る
貴女はほんのわずか
頬を染めて恥じらうみたいに
僕を見た
そこだけ変らずに 大きな
目には涙溜めて
抱きかかえて
幸せかと
たずねたい想い かみしめてこらえてたよ

あれは夏の終り頃だね
汗ばむ愛のあとで
不意に醒めた想いを感じて
見つめ合い
やがて旅に出かけ それきり
なんとなしに別れて
痛みさえも 笑えたほど
鮮やかに若い 若すぎたふたりだったね