検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

奏者はただ背中と提琴で語るのみ

奏者はただ背中と提琴で語るのみ

  • 歌手:
    月鈴那知(今村彩夏)
  • 発売日:
    2018/09/26
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 653
 
決戦の刻が近づく
残酷な審判のとき

迫りくる厄災に
ただ打ちひしがれるのか

時の流れが淀むのは
終末に等しく

永遠に闇の中
彷徨うことになるだろう

この危機的状況に
さすがにこの天才も

絶体絶命である
焦りと戸惑

俳句は詠めても されども
空気は読めぬ 曲げられぬ

斯くなる上は
それとなくにじませる信号

嬰ス・殴・嬰ス

いずれ来たる業(カルマ)との対峙に
立ち向かう勇気を さあこの身に宿らせ給え

奏でる者たり得る誇りを 王たる矜持を
親愛なる弓と 数多の民に示すと誓う

我(ワシ)の弦が 轟き 嘶く 破滅を阻止せんと
紅き鳳凰の調べ もってして 逆境を覆さん

決戦の刻が近づく
残酷な審判のとき

迫りくる厄災を
返り討ちにしてやろうぞ

理不尽な 神の試練を
赦されぬ 奢りの対価を
穿ち 破り 乗り越えて
念じる その奇蹟を

解(こたえ)殴り書き 筆走らせ
円環(わ)を抜け出し 民の元へ
いざ 新しい世界へと
夜明けはすぐそこに