検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

キンモクセイ

キンモクセイ

  • 歌手:
    崎山つばさ
  • 発売日:
    2018/09/12
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 325
 
大きかったお母さんの背丈を抜き
今じゃまるで友達のように 何でも話せる仲良しです
怖かったお父さんとお酒を飲み
笑う顔が可愛く思えるほど 私大人になりました

でも本当は何も変わっていない
言動や思考は子供 でも体は大人になっていて
その矛盾が胸をつきさす いつからだろう背伸びした
足をおろせなくなったのは

甘く香るキンモクセイが 夏の終わりを静かに告げた時
見上げた空の青の青さに 手を伸ばしたらつかめると信じてた
あの頃の気持ちを忘れないよ
夏の記憶を憂う秋の歌

友達が中学校の先生になり
2年が過ぎ 悩み迷いながら
今日も立派に教えている
あの頃は何も考えず先生を困らせたけど
先生もあの時悩みを抱えていたんですね

結局何も変わっていない
発想や理想は子供 でも体は大人になっていて
その矛盾を抱え生きてる
いつからだろう隣の駅が 近いと感じたのは

甘く香るキンモクセイが 夏の終わりを静かに告げた時
見上げた空の青の青さに 手を伸ばしたらつかめると信じてた
あの頃の気持ちを忘れないよ

冬の夜空へ繋ぐ秋の歌

甘く香るキンモクセイが 夏の終わりを静かに告げた時
見上げた空の青の青さに 手を伸ばしたらつかめると信じてた
あの頃の気持ちを忘れないよ
夏の記憶を憂う秋の歌

冬の夜空へ繋ぐ秋の歌