検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

煌々

煌々

  • 歌手:
    tacica
  • 発売日:
    2018/09/12
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 628
 
太陽に見惚れて
真昼に現れる月
生活に追われて見失う位の明かり
後悔の代わりになるモノがどうやらあるらしい
大抵の答えは探して見付かるものじゃない

ここから未来に行く以外にないのに
懐かしい日々に抱かれてみたり
生まれたまま 有りのままに人間が
生きれないのは何故

煌々と紅い血は誰が為に
何者でもない僕の為に
一生 使い切るまで贅沢に
鳴らして 鼓動を

今日 何回目の夜を数えて
今日 何回目の朝を迎える?
喜怒哀楽だらけで毎日は続くのだろう

その光が
この世界を照らし出すさ

太陽に背を向けて ここまで諦めたモノ
後悔の代わりに思い出と呼んでみたよ
暗い夜の帳に月明かりを探し始める
探していた答えも直ぐ傍にあるのかもしれない

未来に行く以外にないなら
新しい日々に抱かれていたい
大人でもない
子供でもない
満ち欠けの物語

体温を上げろよ 息を切らせ
嵐に笑い さあ手を叩け
忽ち弱音すら音を上げて
逃げ出すだろう

或る人の最期のその先で
心臓が思いの丈を刻む
そう一切合切が僕の形
僕の色

独り部屋に届く光景は
数ある恐怖より速い
悲しい事 悔しい事程
いつか僕が見る光になっていく

煌々と紅い血は誰が為に
何者でもない僕の為に
一生 使い切るまで贅沢に
鳴らして 鼓動を

体温を上げろよ 息を切らせ
他の誰でもない僕の為に
喜怒哀楽だらけの毎日が続くのだろう

その光が
この世界を照らし出した
 
\
\
\ \ \
}