Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

インソムニア

インソムニア

  • 歌手:
    nano.RIPE
  • 発売日:
    2018/08/29
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,364
 
眠るふりをして夢を抜け出した 色彩も感覚も残したまま
朝を待つよりも迎えにゆく がらんどうで 裸足のまま駆けてゆく 静寂を

街明かりを目指して だれの足跡辿る
孤独を塗り重ねて 夜はまた世界にそびえる

闇に溶けてゆく 影のないゴースト
宇宙の底に足音を響かせて
だれかに聞こえるように 合図を送るように
分かれ道に標を残して

冷えたアスファルト 錆びた柵の向こう ぼんやりと浮かび上がる命の粒
夜はいつだって等しく降り注ぐのに ガラス越し揺らめく灯は温かく

街明かりのヒトツにきみの姿を思う
孤独が少し薄れて夜を彩る

闇に溶けてゆく 影のないゴースト
宇宙の底で正体を現して
だれにもなれないまま 迷子を気取る前に
花や木々が目を覚ます前に 気付いてくれよ

闇に溶けてゆく 影のないゴースト
宇宙の底に足音を響かせて
だれかに聞こえるように 合図を送るように
標に鍵をかけて

闇に溶けてゆく 影のないゴースト
宇宙の底で正体を現して
だれにもなれないまま 迷子を気取る前に
花や木々が目を覚ます前に 気付いてくれよ

朝が来る前に