Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

雨音が止む前に

雨音が止む前に

  • 歌手:
    The Super Ball
  • 発売日:
    2018/08/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 1,322
 
雨音の帰り道 小さめの傘だから
僕の右肩だけが濡れている
「遠回りじゃないの?」曲がるはずの
角は過ぎたけど 君の心に近道したくて

半径50センチに2人だけの世界
時間は止まってくれないから

傘を閉じたら 僕だけの君はいなくなる
あぁ嫌だよ
次の雨まで待てないよ
この想い伝えてもいいかな
傘を閉じても 僕だけの君でいてほしい
ねぇ好きだよ
心の中で叫んだけど
打ちあけよう 雨音が止む前に

珍しく 誘ったから 戸惑わせてしまったんだね
もう少し目を見て 話せればな
少し寒いね その台詞は 上手く話せない僕を
気遣ってくれた 会話の繋ぎ目

家まで50メートルきっかけが欲しくて
歩みを遅めてみたけど

雨が止んだら 僕は君の何になってるの
あぁ怖いな
フラれて距離を取られるか
傘の下でまた2人会えるか
雨が止んでも 僕だけの君のままでいて
ねぇ好きだよ
霞んだ声の告白は
届かなかった 雨音にかき消され

なんて言ったの?
なんでもないよ…
意気地なし顔真っ赤にして
うつむいて黙る僕は
目も合わせられない

傘を閉じたら この距離で話せる資格を失う
初めて会ったその日から
僕の中 君のことだらけだ
傘は閉じない 少しでも気持ち伝えたい
待っててよ
不思議そうな顔で僕を覗き込んだ
雨が止んだ気がした

好きです その4文字が喉に絡まって言えない
「また明日ね」と歩き出す君の腕とっさに掴んだ
好きです ただ4文字だけ君の目を見て伝えた
驚いた顔が笑顔に変わったんだ
雨音が止む前に