Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ノウダラ峠

ノウダラ峠

  • 歌手:
    河島英五
  • 発売日:
    1993/10/21
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 1,690
 
こんもりと繁った大木の 木陰に腰をおろしている
山の方から気持ちのいい 風が吹いてくる
幾頭かの馬の列が背中に荷物を背負って
鈴を鳴らしながら通り過ぎて行く
幾つもの山を越えてきた ノウダラ

ワラぶき屋根とドロ壁の家 笑い声をあげる子供たち
谷川の水を水瓶につめて 山を上がって来る娘たち
太陽に照りつけられて流れる汗と土にまみれ
生きものたちに囲まれて生きてゆく人々よ
幾つもの山を越えてきた ノウダラ

何かを求めて旅に出た 僕にとっては この村が
ただの通りすがりではなく 何かを感じさせるとしても
ここにもやはり暮らしがある 暮らしに満たされた人もいれば
何かを捨てて旅に出ることを 願う人もいるだろう
幾つもの山を越えて来た ノウダラ
幾つもの山を越えて来た ノウダラ