Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ばけものぐるい

ばけものぐるい

  • 歌手:
    ユリイ・カノン feat.GUMI
  • 発売日:
    2018/07/18
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,264
 
そう 狂った九夏の怪談
逢魔が時 ひぐらしが告ぐ

飼い馴らした傀儡が選ぶその目は誰?

「まあちゃんちゃらおかしな口承」
災禍の凶兆をご覧よ
夥しい蝶の死骸が参道に散らばっていた

掻い潜った市街の喧騒 境内から響いた嚮導
灯籠 石畳の階段 踏み入る少女

「もういいかい」「もういいかい」と問うが
鬼の声は聞こえず
静寂裂く鐘の音さえも届かない

「嗚呼、かしこみ かしこみ…」
手弱女の聲と火の音が籟籟と

「懸けまくも畏き大御神」
今 夜宴が始まる

さあ華やいだ怪奇の世に
喰らって奪って掻き攪せ

ようこそ
ここは泥犂の街 狂い啼け化け物よ

さあ散れ災禍 百鬼の群れ
蛙鳴蝉噪を蹴散らして

拝する愚民 眼を伏せて
心臓を抉り出した

そう 狂った九夏の怪談
今日も一人 誰かが死んだ

半夏雨がザアザア降って幽霊塔が消える

空気中を漂うように泣きじゃくる声が聞こえた
訝るのも許さぬ幻想 突き落とせ

石造りの祭壇で襦袢の少女が目を覚ます
「かあさま、どうしてそんなにも泣いているの?」
悄然として立ち尽くす祭服姿の父と母

その四肢 双眸 髪 すべて 贄せよ

ああ
一夜で散る花も 久遠を征く鬼の子も
死生有命の輪の中で等しく囚われる

冥い迷道でひたひたと重なり合った足音が
九夏の怪談を連れて忍び寄る

さあ華やいだ怪奇の世に
喰らって奪って掻き攪せ

ようこそ
ここは泥犂の街 狂い啼け化け物よ

さあ人間 赦しを乞え
糜爛 神罰 盈虧 濫觴

嗚呼、神を呪えどこんな人生は変わりゃしない

ほら
また目を背けて