Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

星のダイアローグ

星のダイアローグ

  • 歌手:
    スタァライト九九組
  • 発売日:
    2018/07/18
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 28,060
 
あの星を掴むのはだあれ?
塔の頂上で
静かに灯った炎が アツく胸を焦がしていく

運命の輪 舞台の上で躍らされている訳じゃない
飛びたて

確かにあの日見たんだ
弾けた星のキラめき
色褪せた約束に
指が触れるまで

幕開け前に始まる
目の前で綴られてく
生まれ変わった私は
ここでキミに逢えた
もう一度

歯車が回り始めたら
二度と止まらない
季節は躊躇いを置いて進む 本気で駆け抜けて

一人だけじゃ見つけられない 夢だったから
さあ一緒に掴むよ

出番をずっと待ってた
光のない舞台袖
待っている人がいる
優しい笑顔で

風に吹かれた扉絵
開かれたページの果て
誰も知らない結末
きっと明日になれば
たどり着く

いつか いつか
空に届きますように
今は 今は
なんでもない私だけど
雨のあと 雲が去り
手のひらの上に
降り注いだ star light

あの頃には戻れない
何も知らなかった日々
胸を刺す衝撃を
浴びてしまったから

あの時キミも見たでしょう
弾けた星のキラめき
昨日のように覚えてる
キミの言葉 思い 眼差し
手を伸ばす きっとキミと二人
掴むから