検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

月の足跡が枯れた麦に沈み

月の足跡が枯れた麦に沈み

  • 歌手:
    カーネーション
  • 発売日:
    1999/02/10
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 832
 
月の足跡が枯れた麦に沈み
夜はくりかえしここにまたやって来る
やわらかな眠りの中

草の傷跡がぼくを目覚めさせる
塩辛い世界 鼻歌の大工の釘
断崖のような町で

ブリキの心臓から
夜泣きの夢が溢れ
雑木林で野うさぎとたわむれ
かかしのように
笑うのさちょっと

飛んできみの家まで 夜を切り裂いて
匙を投げて曲げよう
なめらかに潰すトマト あたたかい胸に
願いこめて祈ろう
シャツを破り捨てたら 霧に濡れたなら
ぼくのココに触れて

空の亡骸が電線にからまり
北から東へ絵具をたらしながら
絵描きは腕組みしてる

バイクの吐く流星
ブーツに染みた涙
追いかけては逃げる窓の汗拭き
昔のように
カーヴを曲がろう

飛んできみの中まで やみを切り裂いて
アメを口に含もう
裸で歩くGIジョー 蟻のように這う
きみの背中までも
嘘を破り捨てたら 指に濡れたなら
ぼくのココに触れて

ぼくらの孤独をざっと見わたしてみようよ

飛んできみの家まで 夜を切り裂いて
匙を投げて曲げよう
なめらかに潰すトマト あたたかい胸に
願いこめて祈ろう
シャツを破り捨てたら 霧に濡れたなら
ぼくのココに触れて
嘘を破り捨てたら 指に濡れたなら
ぼくのココに触れて
嘘を破り捨てたら 指に濡れたなら
ぼくのココに触れて