検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

花束を

花束を

  • 歌手:
    次松大助
  • 発売日:
    2018/05/16
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 422
 
鐘は鳴った
天(あめ)と地(つち)の袋を握った少女たちは
なにを祝うの、なにを祝ったの
年の老いた尼僧が泣いた
ぼくは花束を持たせたかった
なにを棄てるの、なにを抱いたの

ドアがひらく、無数の音で
何も聞こえなくって
どう歌うの

祈れ、祈れ、祈れ、祈れ、祈れ、祈れ
世界を、こころを、
そこにあるべき花束を、祈れ

春を鬻(ひさ)ぐ少女が嗤う
ぼくはお人形を持たせたかった

だまれ、だまれ、だまれ、だまれ、だまれ、だまれ
嫌悪して依存した
ままならない世界を、祈れ

“維尼熊(ウェイニーション)は氷の上に投げられた
口伊口育(イーユゥオ)のほうがずっとずっと、ずっとステキだったのに
遥か未来 ままならない おうどんを啜って
維尼熊が投げられるのをぼくは見ていた”

眠れ、眠れ、眠れ、眠れ、眠れ、眠れ
世界も、こころも、
そこにあるべき花束も、
眠れ