検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

旅立ちの風

旅立ちの風

  • 歌手:
    大原ゆい子
  • 発売日:
    2018/02/14
この曲の表示回数 206
 
風が強く吹き始めては
膨らみかけた芽を揺らす
少し伸びた髪の毛がくすぐる頬

もう一度なんて無い日々に
今やっと気づかされるもの
3度目の冬が溶けて土へ帰る頃

無意識に 心の中
流れてきた歌と一緒に
思いが溢れてしまいそうで
上を向いていたんだ

旅立ち それは巡り巡る度に
私の前に現れては
柔らかい波に背中を押されて
この眩しさに気付くよ
空を飛ぶ鳥は知りたいことなど
全て教えてはくれない
歩き出すその先で
見つけてみせるの

履き慣れた靴は脱ぎ捨てた
坂道を踏みしめたくて
ゆっくりと登るつもりでいたから

欲張って吸い込んだ息は
吐くことを忘れそうなほど
残したい景色を目に焼き付けていた

砂埃 舞う香りが
胸の奥を詰まらせるような
同じ季節が来る度に
思い出してしまいそう

旅立ち それは巡り巡る度に
私の前に現れては
明日への新しい道を探しに
さらって行ってくれるの
夢を紡ぎ合わせた先でいつか
答え見つけられるなら
泣いてなど いられないね
強く生きて行くよ

いくつも声が 重なり合って
立ち込める優しい メロディが
包んでくれるの

旅立ち それは巡り巡る度に
私の前に現れては
柔らかい波に背中を押されて
この眩しさに気付くよ
今も 二度と来ないこの瞬間に
吹いた風はきっと私を
明日への新しい道を探しに
さらって行ってくれるの
夢を紡ぎ合わせた先でいつか
答え見つけられるなら
泣いてなど いられないね
涙を拭ったら
前を見て歩くよ