検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Namid[A]me

Namid[A]me

  • 歌手:
    ヒトリエ
  • 発売日:
    2017/12/06
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,199
 
色褪せた涙のどしゃぶり
その胸の淵ギリギリで
乾涸びた傘を差し出した
名前も知らぬあなたがいる

声枯れた孤独の方舟
誰も受け付けぬ心の戸
どこか遠くで聞こえるあれは
またひとりぼっちの涙雨

涙目 変わらずの雨模様
その夢の淵ギリギリで

空ろげな顔で生きるのが
当たり前になった僕にさ
乾涸びた傘を差し出して
「はじめまして」あなたが笑う

問いかけるは僕の心か
それともあなたの意固地か
耳元で弾ける言葉で
この頭はフラつくばかりだ

戸惑いと哀しみに狂う凪をなぞるように
灯ひとつない夢の中をまた、ひとり、歩く?

揺らいだ僕の心
どうやって今、飛べると思う?
はにかむように結ぶ手と手、
傘ひとつ、笑っている

夜に浮かんだあなたの姿は
何より綺麗だと思った
間違ったって良いと言える
そんな凡庸を探している

涙溜りに揺らぐ蜃気楼
心の戸の奥の奥で
微かに応える僕がいる
その音の瀬のギリギリで。

草臥れた心の方舟
名前も知らぬあなたを乗せて
どこか遠くへ逃げられるかな
ふたりぼっちで落ちてけるかな

「ねえ、あたしが
この雨をずっと探していたって
どうやってなら叫び足りない
君の胸に届くでしょう」

戸惑いも哀しみも狂わせたその台詞を
ふたりだけの秘密にでもしよう
ずっと結んでいよう

「泣いているあなたの背は
どこへだって飛べると思う
間違ったって、
あなたとなら、
良いと思える気がする」

そこで笑ったあなたの姿は
何より綺麗だと思った
間違ったって良いと言える
そんな凡庸を探して、探している