検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

LEVEL1

LEVEL1

  • 歌手:
    vistlip
  • 発売日:
    2017/12/06
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,766
 
そっと瞼を閉じれば冬の匂いがした。
眠れないのは君のせいだよ。
寄り添って温めて、寂しくて凍えちゃうから。
季節が巡る度また思い出してる。

会いたくてまた君の名前を叫んでみるけど届かない。
遠くへ消えていく背中。
今すぐにでも抱きしめて欲しい気持ち隠して見上げた空。
まるで私みたいに泣いてる。

「かけがえのない気持ちを教えてくれてありがとう。」
それで終われる程、簡単に忘れられないけど。
夢の中ではあの頃のままの二人が
幸せそうに笑いあっているのに、どうして?

不器用でごめんね。
寂しくてたまらないのに「側にいて欲しい。」だけが素直に言い出せない。

“生まれ変わっても必ず君に出会えます様に。”
答えは最初から出ていたのに。
もう自分自身に嘘はつきたくないよ。
今なら繋いだ手をギュッと掴んで離さないから。

「かけがえのない気持ちを教えてくれてありがとう。」
それで終われる程、簡単に忘れられないけど。
夢の中ではあの頃のままの二人が
幸せそうに笑いあっているのに、どうして?

―――――――――――――――――――――――――――――
こんな歌詞なら誰にでも書けるのでしょう。
“生みの苦しみ”など感じる事も無くなるけど、
つまらないモノを「つまらないモノですがどうぞ。」と
差し出されてる気分にだけはしたくないから。