検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

虚虚実実

虚虚実実

  • 歌手:
    nano.RIPE
  • 発売日:
    2017/11/15
この曲の表示回数 942
 
青天響く霹靂 閃光眩むその間に
決して音を立てずにじっと忍び寄る影

騙し騙されて失った 罵り罵られて奪った
守るべき正義をすり減らして勝ち取るものなどない

籠の中から見上げた空 雨上がりの青の眩しさに
囚われたままじゃ居られない 昔話なら捨てて

快楽に身を委ねれば緩やかに削られる野心
振り返り見渡す限りいつまでも咲き誇る美談

可能性に賭けるわけじゃなくて これまでの日々に賭けるんだ
何もかもが嫌になって投げ出した そこから始まる未来

籠の中から見上げた空 暮れゆく魔法に掛けられた
囚われたままじゃ居られない 内側から響いた声が
闘うべきは他でもない とりまぜ刷り込まれたキオクだ
答えはヒトツと限らない 染まれるほどキレイじゃないさ

信じていたすべてがたちまち音を立て崩れ
積み重ねたすべてが瓦礫になろうとも
背中に隠してた翼がやっと今ゆっくりと広がり

籠を飛び出し見上げた空 満ち欠け傾く月が照らす
囚われたままじゃ気づけない 足元にも広がる世界
従うべきは他でもない 突き動かすほどの本能だ
ぼくはぼくじゃなきゃ居られない 変われるほど器用じゃないさ