検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

シャッターを切る

シャッターを切る

  • 歌手:
    96猫
  • 発売日:
    2017/10/11
この曲の表示回数 251
 
痛いことも沢山あったよ
心が慣れていくのが怖くて
逃げ出したこともあったよ
内緒にしてたけど
泣いていた

「だめな人」だと笑ってよ
今の私には眩しすぎて
思わず目を瞑ったよ
悲しみをこらえてさ

あの日の自分へと手向けた花束
さよならはしたけどそれでも会いたいや
祈りは届くけどまだまだ足りないな
心の音

気づいたらさ

誰もいなくなっていたんだ
消えかけの意味探した
底知らに鼓動をする
最果てのメーデー
息もできないほどに
今一度君にさよならを

さよならをしてしまった
泣きながら腕を振った
苦し紛れの日々が
私だけのregret
ねえシャッターを切るよ
じゃあね

辛いことも沢山あったよ
心が冷めていくのが怖くて
知らん顔で誤魔化したよ
傷つきたくないからさ

綺麗事並べた私のアンソロジー
夜明けを待つほどの我慢は出来ないや
歩けば歩くほど心が欠けてく
三日月模様

目を塞げば

『目眩く世界がただ
おもちゃ箱のように見えた』
嘘をついた代償だ
息を吐いてFake it
弱さをごまかすほどに
色褪せる光、置いてかないで

やるせない思い抱えて
勇者の剣を抜いた
忘れないよ君のこと
ありがとうのレイニー
ねえシャッターを切るよ

ひとしきり泣いた月が笑った
折り合いをつけて火花が散った
芽が出て膨らんで全てが花だ
嫌なこと全部が栄養だ
見ないふりだけは上手くなったんだ
擦り切れていく

誰もいなくなっていたんだ
消えかけの意味探した…

誰もいなくなっていたんだ
消えかけの意味探した
底知らに鼓動をする
最果てのメーデー
息もできないほどに
今一度君にさよならを

さよならをしてしまった
泣きながら腕を振った
苦し紛れの日々が
私だけのregret
ねえシャッターを切るよ
じゃあね