検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

ヒカリの声

ヒカリの声

  • 歌手:
    有安杏果
  • 発売日:
    2017/10/11
この曲の表示回数 604
 
トンネルを抜けると
眩い光が射し
いつか見たままの景色よみがえる
あの夏の日があって
いくつもの暗闇越え
紡いできた日々を感じる

痛むのは生きてるから
転ぶのは前へ進むから
いつだって僕らは諦めずにきた
いくつものトンネルの中で
白い光だけめざして

僕らを繋いでる 空が今叫んでる
どんなに遠くても出口へと導いてくれる
君にも届くだろう あの夏の日のように
だからどんなに彷徨っても ここで同じ光浴びよう

いいことなんて長く
続かないってことは
時を重ねるごとに悟ってきたから
次のトンネルが見えて
暗闇が近付いてきても
恐れず平穏でいられた

負けることに慣れ果て
簡単にプライドも捨て
逆転劇なんて狙わない
いつからかそんな生き方
楽になって流されてきた

僕らを繋いでる 空が今泣いてる
心失った僕を見て嘆いているよ
どこかで見上げてる君の顔 曇らないよう
今思い出そう ほら共に紡いできた消えない軌跡

心の隅っこ忍ばせているあの約束
何度だって思い出してスタート切れる
だから辛いときはいつだって
君の目印でいる

僕らを繋いでる 空が今叫んでる
どんなに遠くても出口へと導いてくれる
君にも届くだろう あの夏の日のように
だからどんなに彷徨っても
ここで同じ光浴びよう