検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

魔法

魔法

  • 歌手:
    edda
  • 発売日:
    2017/10/11
この曲の表示回数 310
 
風が揺らいだ橋の上
離した指先にポツリ
願いを焦がした
思い出をひとふさ噛り
消えないでと飲み込んだんだ

振り返らず遠ざかる君は
滲んでた
「きっと」なんて曖昧な
言葉で繋いだ

こぼれ落ちる 雫には輝きを
吐きだす声 夜を駆けて灰になってく
くりかえして 今日を淡く夢みる
ぬぐった瞳に 映る全て美しいと
信じれるよう

移ろいだ街鮮やかに
寄りかかる隙もなくなって
許しを拒んだ
空いた隙間のぞきこんで
彷徨う視線が影を追う

漂うような心をなぞった
寂しくて
今更って臆病が
季節を巡った

魅せられてく 抱き寄せた泡の中で
ぎこちなく笑って見せた 戻れないから
離さないでと 願ってしまった日に
焼きつけた景色 青色に染まったまま
満ちて消えた

置き去りだった名前を
呼んでくれた声が
帰る場所を照らす
道しるべになった
大丈夫

こぼれ落ちる 雫には輝きを
吐きだす声 夜を駆けて灰になってく
くりかえして 今日を淡く夢みる
ぬぐった瞳に 映る全て美しいと
信じれるよう