Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

クレイマンズ・ロア

クレイマンズ・ロア

  • 歌手:
    Halo at 四畳半
  • 発売日:
    2017/09/20
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,823
 
霞んでいた日々さえも 幻のよう 忘れていくか
重なった後悔が形を変え積み上がっていく
美しいその塔は やがて光を放つと
疑いもせずにいる クレイマン どうか

夜行性の人々の群れを
泥だらけの手で掻き分けて呼吸をする 苦しいな

禁断の実 頬張って 楽園を捜してたんだ
追放されたような憶えはないが
恥じらいを知ってしまった
どこか帰るべき場所がさ あるはずだ

深海を泳いでいる 溺れ方も知らぬまま

クレイマン さあ選ぶんだ 生きる上で心は要るか
悲嘆に暮れ苦しいと藻掻きながら生きていくのか
それでも それさえも 捨てられないと泣いた
僅かな幸福が愛しいと言う

善悪の実 盗み出して 罪悪を知った気でいた
僕らは寿命を貰った アダム ここはどこ?
制裁は下らなかった? いや違う
生まれた時から続いていた

心臓は左側だけ 右側はあげたのさ
いつの日か出逢う心をしまうために

沈んでいく 底まで 溺れ方をこの身で知るんだ

クレイマン さあ 始めようか反撃を
選んだ武器と 受け取った心で
暗がりを掻き分け行くんだ
美しい光が 未来永劫 照らすように
聳え立つ後悔の向こう側へ 振り払って行け