Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

無題[No Title]

無題[No Title]

  • 歌手:
    佐々木亮介
  • 発売日:
    2017/08/02
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,450
 
本当に言いたいことは話せないこと 言葉はどうにか選びに選ぶもの
誤解されないようわかりやすく ムカつくとか汚い言葉は避け 熱くならず
そうしてきれいな言葉にだけいくつも引っ張ったイエローのマーカー
本当の気持ちの上に色を塗ったら また言いたいこと見失った なら
正直に言えよ
バカヤロウ あいつを傷つけたくないと引っ張った優しげな線 でも本当は
自分が傷つかない為の防衛線ってやつを張ってたんだ
バカヤロウ

よく来たね 久しぶりじゃん 元気そうだな 今日は心置きなく呑もうぜ
医者には止められてるけど 良いんだ俺が許す 今日は呑もうぜ
生存率が何分の一だと 占いみたいなもんさ
生命線なんか越えて行ってやるよ あの海辺でやることにしたわ
結婚式 だから
祝いに来てくれよ
バカヤロウ 行くに決まってるよ 友達じゃんと出した大声 でも本当は
あんたが戦ってるそのガン細胞ってやつに怒鳴ってたんだ
バカヤロウ

それ傑作やな ほんま はよ笑い話にしたれや
迷って揺れる時はな 結果を決めて努力で帳尻 これで決まりや
頼るのは本当にどうしようもない時
でもいつ頼られてもいいようでありたいのに
ああ この国を走る断層の線に 忘れないように 教えられた
それがいつかはわからない けどここで生きてゆきたい
頑張ってるやつに頑張れとは言えない けど他に言葉が出て来ない
頑張れ 頑張れ 頑張れ 頑張れ 頑張れ 頑張れ
頑張れ しか出て来ない
バカヤロウ あの国語の授業ってやつは何だったんだ でも本当に
悲しいほど揺れるこの国の地面に向かって怒鳴ってるんだ
バカヤロウ

あの時は怖かったわ あの人を見送る時ね旗を振りながら
頑張れと言ったけど 思ってなかった
本当は ただ生きて帰ってと祈ってただけ
人を人と思わずに許される その線はどこで引くのかしら
人を人と思わなくなる その線は誰が引くのかしら
あの子に伝えたい あの子に伝えたい 私の生きた時代を

本当に出したい音は言葉より音 だから今日もブルースは生まれるだろう
多くの線で囲んでなお線を増やし続ける その後の世界を歩いてく
未だにたった6つの線をかき鳴らして
目の前のこの線を越えていく 越えていく 越えていく
愛なんてただの言葉さ いくつかの短い線の集まり
見つめ過ぎて意味が崩壊して 意味が分からなくなるまでもっと見つめて
それでも健やかなる時も病める時も 目を逸らさないで
わかろうとすること 見つめ続けること そして
バカヤロウ 正直に言えよ
バカヤロウ 正直に言うよ

君を愛してるよ 君を愛してるよ 君を愛してるよ 君を愛してるよ