Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夏の在りか

夏の在りか

  • 歌手:
    H△G
  • 発売日:
    2017/07/26
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,852
 
色褪せたスコアボードと七月の通り雨。
凛とした入道雲はいつもより白かった。

飲み干した水筒、こだました歓声、止まったままの夏の日。
君は今も夢の続き追いかけてる。

あの金網の向こう側に見つけた“夏の在りか”を、
時が過ぎていつの日か“青春”というのならば、
その時 僕らはもう少し大人になれているのかな?
夏空に消えた校歌斉唱、君の名前 呼んでいた。

着崩したユニフォームとつば折りの野球帽。
昏れなずむグラウンドには君の影が見えた。

この夏の日がそっと終わりを告げる頃、
まるで何もなかったかのように僕ら別の道を歩いてゆく。

あの白線の向こう側に失くした“夏の在りか”を、
振り返える時が来ても“青春”といえるのなら、
その時 僕らは何を見つけ 何を探しているのかな?
忘れぬ夏が確かにあったこと、その代わりにこの歌を。

白い制服の眩しさが影を踏むコントラスト。
ノスタルジックに響くブラスバンドの音。
夏の魔法にかけられて大人になってくとしても、
この空に消えた校歌斉唱、忘れない。

あの金網の向こう側に見つけた“夏の在りか”を、
その寂しさも含めて“青春”というのならば、
きらめきの中に隠された青みがかった毎日と、
過ぎ去りし夏の想い出たちは今もここにあるだろう。