Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

エンドロールに髑髏は咲く

エンドロールに髑髏は咲く

  • 歌手:
    島爺
  • 発売日:
    2017/08/02
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,309
 
揺れた影が映した記憶を見ないように隠した
弱くて、不器用な、この僕が主演の相変わらずの日々さ

歩けば歩く程に 見失うものだから
この空席が点す熱をこの胸に刻んでいく

意味もなく咲かせた一輪花のように
物語も、唄も、エンディングもない

ただ僕だけが照らす光の先で
その花弁を散らしていくのだろう

震えた声で呼ばれた気がして、後ろを振り返ると
弱くて、不器用で、情けないこの僕が寂しそうに立っていた

歩けば歩く程に 君とは遠くなるから
この掌に灯る熱をこの胸に落として欲しいんだ

今日も昨日も明日も問い続ける日々に
本当かも、嘘も知ることはできない
ただ僕だけが点す灯籠(あかり)の下で

その確かさを満たすのだろう

今、ここで鳴る鼓動の意味 僕だけが持つ残り火を

意味もなく生まれた髑髏のように
物語も、唄も、エンディングもない
ただ始まりのまま終わりを告げる
その虚しさがこの「僕」なんだろう

意味もなく咲かせた一輪花のように
物語も、唄も、エンディングもない
だけど僕の目から光が落ちて
その水溜りに「意味」が咲くのだろう

その花弁を散らしていくのだろう