検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

鳥が飛ぶ街

鳥が飛ぶ街

  • 歌手:
    山本美絵
  • 発売日:
    2001/11/28
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 1,580
 
あなたの帰るべき部屋の水は
カルキ臭くて飲めやしない
置き去りにされてた 机のコーラは
気が抜けていて 甘いだけで

身体を流れる血の音は
この夜が更けるほど うるさくなる

ここに横たわってる
この頭から足の先まで 距離は長く
耳を澄ましても
あなたの声は風の中にも 聞き取れない

リズムが微妙に狂う針
聞いた事も無い声が ひとりごと

「約束できますか?」「永久を信じますか?」
ゴミみたいな作り話をして
「愛してくれますか?」「もう眠らせてくれますか?」
今すぐ 嘘を付きに帰って来て
.....疲れたでしょう?

月を逃がして空は燃えだす
鳥が飛ぶ街を
私は此処から見ている

指先這わせても あなたの胸の
記憶の棘は抜けやしない
乾いたエンジンが
今日を知らせに走って回る 責めるように

言葉を亡くして どれくらい?
でたらめな口づけは ぬるくなる

「終わりにできますか?」「孤独を抱きますか?」
意地っ張りな時間だけ残して
「あなたは何処ですか?」「今日は眠りにつけますか?」
今度は どんな無邪気な顔をして
.....泣くのですか?

「約束できますか?」「永久を信じますか?」
ゴミみたいな作り話をして
「愛してくれますか?」「もう眠らせてくれますか?」
今すぐ 嘘を付きに帰ってきて…疲れたでしょう?
どんな無邪気な顔をして
.....泣くのですか?

星を隠した朝がざわめく
狭い鳥籠で
私は私に怯える

月を逃して空は燃えだす
鳥が飛ぶ街を
私は此処から見ている