Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Offer

Offer

  • 歌手:
    環ROY
  • 発売日:
    2017/06/21
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,675
 
離れ離れになってどのくらい
少し時間が過ぎていた
いつの頃からなのか
君と僕 二人は すれ違いはじめた
この先 もう二度と抱き合えないような気がした
心配はただの思い過ごしならいいのに
期待はけして怖れないための祈り
駅前 かすめる ゆるい坂道
工事中のビルがゆっくり形に
一本だけ入る路地裏に
枝のように繋がる狭い道
いくつも人波 足並み 数えきれないほど
君が気づかないふりをやめるまで
ここで 待つよ

いまいるここは
言葉だけが残ってた
いまみえるそこには
言葉だけが残るから

確かに僕はここに来るための長い間
間違いや絵空事をいくつも描いた
君も同じだろ いつも光や影
風景や自分を観て
本当のことだけを探していた 共に
ふたつの視点とひとつの思い
すぐに辿り着くと信じていた二人の頃
いまは過去 これからを
知るための手がかりを
交差点またいでる歩道橋
プリズムがリズム刻む信号
機械たちが結びついたら魔法
いくつもの色が過ぎてく車道
すべて混ざりあって
近い空へ溶けて消えた
どこにいくの?
次の答えを君はもう知ってるはずだろ

いまいるここは
言葉だけが残ってた
いまみえるここは
言葉だけが残るから

i think the time erases
greatness and lights
all about the common days
im afraid to loose the site
we were walking on the streets
coldness climbing up my feet
i think everbody sees
why we...

もう一度 君と僕は繋がる
世界が変わる 世界は変わる

いまいるここには
言葉だけが残ってた
いまみえるここは
言葉だけが残るから