Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

座頭市の唄

座頭市の唄

  • 歌手:
    勝新太郎
  • 発売日:
    1997/04/25
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 6,947
 
「手前のことを言うのは嫌でございますけどネ、
私は座頭という名前の通り、五年前までは、笛を吹いて
町を流していた按摩でさぁ
眼が見えねえばっかりに、ずいぶんいじめられもしました。
悔りもうけました。泣きはしないが、くやしかったね。
今に見ていろ眼あきの野郎ども、そう思っていじりはじめたのがこいつだ。
眼くらはね、針の修行をつんでも検校という高い位に昇れるんだ。
又、琴・三絃の師匠にもなれる。だが、そんなことは俺の性には
合わねえし、又、眼あきどもが眼玉ひんむいて驚くほどの事じゃねえやな。
そうでございましょう。皆さん方も立派な眼あきだが、
こんな事出来るかい」

およしなさいよ 無駄なこと 言って聞かせて
そのあとに 音と匂いの 流れ斬り
肩も寂しい 肩も寂しい……
「いやな渡世だなあ」

親のある奴 どきやがれ いやだいやだと
よけながら 涙忍んで さかさ斬り
何処へ行くのか 何処へいくのか……
「もう眼があきてえなあ」