Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夕焼けリンゴ

夕焼けリンゴ

  • 歌手:
    谷山浩子
  • 発売日:
    2011/08/17
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,133
 
低い山を背にした 無人の駅で
同じ人を愛した わたしとあの娘
ひとつしかないリンゴ ふたりで食べた
ひとくち交代に ただうつむいて

ああ ことばは風にとぎれる
割れるような 夕焼けの中で

淋しいね どうしても ひとりの人の
心はふたつに わけられない

一時間に一度の 列車がついて
降りる人もなく また出て行く
時のすきまの駅で リンゴをかじる
少女の横顔 みつめていた

ねえ このまま 旅をしたいね
つらいきょうを ポケットにおしこんで

わかってる夢だって リンゴのようには
心はふたつに わけられない
(いつか 風がやんだ)

もう これきり会わない