Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

SETSUNA

SETSUNA

  • 歌手:
    SHIKI feat.初音ミク
  • 発売日:
    2010/09/15
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 1,752
 
巡り来る季節に君は少しだけ うつむきがちな視線を空に向ける
重なった季節が時を告げて まだ思い出せる君の記憶
旅立ちはいつだって窓の向こうから 真夜中の月明かり膝に落とす
擦れ違った言葉でキズつけても 忘れられない瞳はまだ…

隠していた心を君のために確かめたい
夜明け前の光でアナタだけをただ見つめる

Any time, stay beside me...
君に目を合わせられない これ以上隠し切れない
Any time, heart beside me...
サヨナラさえも言えない 1人きりで声無くして
Any night, stay beside me...
君の心に届いた 信じていた夢抱えて
Any night, heart beside me...
サヨナラだけは言えない『偶然』それだけで良かった
君に向けた視線は届くこともないまま 想いを遠く響かせて…

戻らない季節は赤く染められて 悪戯な足跡を君は辿る
失った季節は闇の中へ 夜に抱かれて消えてしまう
『孤独』『嘘』『悲壮感』籠の鳥の様 時間凍らせたまま作る笑顔
君が描いた想い空に向けて 風に残された記憶さえも…

閉ざしていた瞳は 君の影を追い駆けてる
鈍色に光る羽 君がくれた希望だから

Any time, stay beside me...
何時でも信じていたい 月の下独りきりでも
Any time, heart beside me...
君が立ち止まる瞬間 何も言えず差し出す手が
Any night, stay beside me...
両手いっぱいの花束 君無しじゃ抱えきれない
Any night, heart beside me...
少しだけ時を止めて 叶わない願いを信じて
自然に落ちた花弁零れる涙のように 巡る季節は過ぎ去る…

巡り来る季節に君は少しだけ うつむきがちな視線を空に向ける
重なった季節が時を告げて まだ思い出せる君の記憶
旅立ちはいつだって窓の向こうから 真夜中の月明かり膝に落とす
擦れ違った言葉でキズつけても 忘れられない瞳はまだ…

Any time, stay beside me...
君に目を合わせられない これ以上隠し切れない
Any time, heart beside me...
サヨナラさえも言えない 1人きりで声無くして
Any night, stay beside me...
君の心に届いた 信じていた夢抱えて
Any night, heart beside me...
サヨナラだけは言えない『偶然』それだけで良かった
君に向けた視線は届くこともないまま 想いを遠く響かせて…