Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

回遊者

回遊者

  • 歌手:
    上地等
  • 発売日:
    2016/08/03
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 1,947
 
行き先なんて決めてないさ ただ遠くを見渡したくて
思えば随分経ったけど あいつの息子も卒業式
大それた夢じゃないけれど ただ奏でるのが好きだから
下手な言葉を並べて その涙がかわくように
月夜の晩は眠れなくて
故郷のあの娘を想い出し
切なくて酒を飲む
この海原に帆をあげて 荒波に風を受け
巡り会うその日まで 七色の海を越えて どこまでも

掴んだ物もあるけれど こぼれてしまった物もある
それでもなんとかやって来た この先どこまで続くのか
朝焼け色に染まりゆく
流れる雲よ届けてくれ
愛しいこの想いを
この海原に帆をあげて 荒波に風を受け
奏で終わるその日まで 七色の海を越えて どこまでも
この海原に帆をあげて 荒波に風を受け
巡り会うその日まで 七色の海を越えて 戻る日まで