Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

俺たちの草野球

俺たちの草野球

  • 歌手:
    上地等
  • 発売日:
    2016/08/03
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,706
 
暑い夏の日差しの中で
いつもの奴らといつもの草野球
立ち並ぶモクマオウの木陰には
優しい風が吹いていた

真っ黒になるまで走りまわり
日が暮れるのもすっかり忘れて
毎度母ちゃんには叱られたけど
美味かったあのカレーライス
あの草むらにはいつの間にか家が立ち並び
時の流れはそんなもんさと自分に言い聞かせて
忘れないであの俺たちの草野球を
燦々と輝いていたあの俺たちの草野球

いつも泣いてばかりいた彼奴(あいつ)は
もう立派な4人の子持ちの親父で
俺の妹の事が好きだった彼奴(あいつ)は
何年も故郷(ここ)には帰らない
今はもうモクマオウの木は切られて風も吹かない
形あるものは消えていくさと自分に言い聞かせて
忘れないであの俺たちの草野球を
燦々と輝いていたあの俺たちの草野球
忘れないであの俺たちの草野球を
燦々と輝いていたあの俺たちの草野球
あの俺たちの草野球