Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

サイダーの泡

サイダーの泡

  • 歌手:
    nicoten
  • 発売日:
    2016/08/03
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,587
 
夏の匂いがしているのに 私といえばパソコンの相手
気付けばこんな時間になって 明日早いのにもう嫌になる

誰もいないデスクには 死んでる私とコーヒー
あなたの声聞きたくなる どんな時でも 優しくて暖かい

今 魔法の声を聞かせて
少しだけでいいの「どうしたの?」って言って
今 魔法の声を聞かせて
それだけで私の疲れなんて
サイダーのあわのように しゅわりと消えてしまうから

長い間溜め込んでいた 残業代の出ないこの気持ち
どこにも吐き出せないままだけど
メイク落とさず ベッドにダイブ

仕事はもう終わったかなぁ 電話してもいいのかなぁ
なんて言ったら面倒いよね
でもねあなたの事を考えちゃうの

今 魔法の声を聞かせて
少しだけでいいの「どうしたの?」って言って
今 魔法の声を聞かせて
それだけで私の悩みなんて
サイダーのあわのように しゅわりと消えてしまうから

会社に行きたくないよ 仕事をやりたくないよ
わがままだね 分かってるよ
でもねあなた一人にしか言えないの

今 魔法の声を聞かせて
少しだけでいいの「どうしたの?」って言って
今 魔法の声を聞かせて
笑って叱って欲しいの
いつでも 魔法の声を聞かせて
いますぐ会いに来て「大丈夫?」って言って
今 魔法の声を聞かせて
それだけで私のいつもなんて
サイダーのあわのように 弾ける音がする
あなたの声でずっと 私に魔法をかけて