検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

黒紫のオーンブレ

黒紫のオーンブレ

  • 歌手:
    少女病
  • 発売日:
    2016/07/06
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 9,313
 
「----葬列。並ぶ者の居ない、闃寂の空間。参列者は、たった独り。
孤独な少女は回想する。共に過ごした美しい思い出の、その全てを。
彼女は笑いながら呪う。忌まわしい世界に向けた、底なしの悪意。
……少女の纏う、黒紫の影がざわめきだした----」

響き渡る
それは欷歔の声
吹き晒す風に乗せ
猶も届きはしない

身に纏う
無数の「声」が
黒紫の装束となって
信じるべきものを告げている

何を愛し
何を呪う
何を許し
何を憎む

全てその内に

沈む影の中に幾重に
渦巻かせる呪いと愛だけ
けして満たされぬその姿
未だ不完全な魔女(riflydia)

その声は空虚なほどに
歪にして気高き覚悟を
無貌無尽--“己”は誰かいつか喪う定めでも

その無数の命もて
その無限の命もて
天の巡るまで

許しを乞い続ける声
この影の中で けして解放たれること無く

犯した罪を嘆く声
この影の中で 永久にその罪 贖い続けよ

その運命に涙する声
この影の中で その涙を祈りとするがいい

終わらぬ生獄(いのち)呪う声
この影の中で 私の一部となって生きよと

共に産まれ されど倦まれ
戯れに選ばれたのは
下らぬ神の悪戯で終わらせない

そう、誓う--。

その罪人(いのち)も
その咎人(いのち)も
その凶人(いのち)も
その禍人(いのち)も

そう 全て愛しき片割(リフル)の為にと 嗚呼。

愚直なまでにただ一心に
愛深きが故に貪欲に
けして満たされぬその景色
未だ未完成な理想郷(utopia)

ならけして滅びぬようにと
その罪咎凶禍(いのち)をこの身に束ねて
無暁無届--“己”は誰かいつか喪う覚悟でも

その無数の命もて
その無限の命もて
天の巡るまで

しかるに分かたれた命
その思いに涙して
吼え猛る----ああ!

「少女は膝をつく。けれど、その心は決して折れない。
それは、最も愛深きが故に、最も貪欲。後にそう伝えられる、
第四の魔女“リディア”の姿----」

「いつか、彼女は帰ってくる----決して潰えることなきその幻想を胸に。
少女は生きる。生きて、生き続ける。
----いつまでも。世界が終焉するその時まで」