検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ココロ

ココロ

  • 歌手:
    相良心
  • 発売日:
    2016/06/15
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,594
 
ずっと徘徊しながら歩いてきたよ
両手で種を握り
此処で咲こうと足を止めた途端に
君はいなくなるから

淡い夢物語を見続けてた
幼い日のわたしは
君の指先が誰か他の人を
撫でる事を怖れた

浮わついたり沈み込んだり
落ち着きなく揺れるわたしを
君は抱きとめてくれないね

心に空いた隙間へと
冷たい嵐が漏れてくる
罅(ひび)割れた壁は畝(うね)りを上げる
その叫びを奏でながら
わたしはわたしを埋めるの
もう二度と触れ合えずとも

いつか再び会えると君は言った
縺(もつ)れた糸を解き
いくつ紡いで織地(おりじ)を広げたなら
そこまで辿り着くの

簡単に片付かないのは
未来を描き続けたから
君は簡単に捨てるのに

心に開いた隙間へと
冷たい嵐が漏れてくる
罅(ひび)割れた壁が壊れるほどに
すべて崩れてしまっても
わたしは此処から歌うの
まだ足元が脆くても

浮ついたり沈み込んだり (Let me go new place)
落ち着きなく揺れるわたしで (Let me go with you)
どんな色の花が咲くだろう (Let me go new place)
わたしはわたしの種を撒くの

心に空いた隙間へと
冷たい嵐が漏れてくる
罅(ひび)割れた壁は畝(うね)りを上げる
その叫びを奏でながら
わたしはわたしを埋めるの
もう二度と触れ合えずとも

心に開いた隙間へと
冷たい嵐が漏れてくる
罅(ひび)割れた壁が壊れるほどに
すべて崩れてしまっても
わたしは此処から歌うの
まだ足元が脆くても