Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

1995

1995

  • 歌手:
    kokua
  • 発売日:
    2016/06/01
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 5,677
 
はじけて飛ぶ炭酸の音
夏の夜 走り去るバイク
遠く聞こえる祭り囃子

95年8月の終わり
君とぼくの約束は
その夏の逃げ水のように
つかまえきれないまま

夏の夜に耳をすませると
聞こえてくる
遠いあの日から届く手紙
忘れてた ざわめき

カーラジオから聞こえてくる 巨人戦
夜の海 花火と片思いと波の音

あの頃よく着てたTシャツ
どんなロゴのやつだっけ
あの街を出て行く時に
全部置いてきたけど

通り雨のあとの坂道で
君と見た空が 心から消えないのは
あの夏が終わってないから

『ダイアリーでもつけてたら
まぁ どうせ読み返さないか…』
目を閉じて問いかけてみる
あの8月のぼくに

汗をかいたグラスに
雫が流れ落ちる
思い出が流れていくみたいに
ひとつ そしてまたひと雫

夏の夜に耳をすませると
聞こえてくる
遠いあの日から届く手紙
忘れてた ざわめき