Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

circle

circle

  • 歌手:
    FAMM'IN
  • 発売日:
    2016/04/27
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,007
 
主押す彼の飛ぶ波巡り還る主揺れる
主押す彼の飛ぶ波巡り還る主躱す
主の背の彼の飛ぶ 何れ来る徒の巡り
輪の様に和を生す 何れ来る唯の巡り
和の様に環を成す 輪の様に和を成す

真白な夜を重ね重ね塗り潰す黒でなく
君の手で染め上げて、其の儘に導かれ
余りに眩い光に濃く成る影でもなく

遠くは青く見える空海この舟も
須く凡てを含んだ幻影に過ぎない色
尚も混ざり放て 掴め、遠退く其れ等を
もう、見えぬほど深く沈む
それでも、君という色が確かに見える

真白な夜を重ね重ね塗り潰す黒でなく
余りに眩い光に濃く成る影でもなく
色が確かに見える

主押す彼の飛ぶ波巡り還る主揺れる
主押す彼の飛ぶ波巡り還る主躱す
主の背の彼の飛ぶ 何れ来る徒の巡り
輪の様に和を生す 何れ来る唯の巡り
和の様に環を成す 輪の様に和を成す

止まる斜陽 数え切れない夜を越える斜陽
言葉にしようとしても然様
全ての終わりは譲り故に斜陽

其の目に宿すもの凡ては異なる故
語らう口よりも他の響きに震う此の琴よ

空の在る空を無限に想う樣も
以上に割る事の能わぬ些細に尚望む無限も
指は届かず、心は達す
星に、遥か生まる前を見る者よ
若う目に映る吾が死後を美しく描こうとする者よ

その目に宿すもの凡ては異なる故
語らう口よりも他の響きに震う此の琴よ