Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

北の傷歌

北の傷歌

  • 歌手:
    走裕介
  • 発売日:
    2016/03/23
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 12,102
 
背中丸めて 燗酒あおる
窓に夜汽車の 過ぎる音
店の親父は 無口なままで
旅の男を かばうのか
いくつ線路を 越えたなら
胸の痛みが 遠ざかる
北へ 北へ 北へ流れても
おまえの泣き顔 傷跡うずく

襟を立てても 寒さがしみる
恋のすきまに 忍び込む
詫びる手紙の 言葉に迷い
風に名前を 呼んでみる
駄目な俺など 忘れろよ
無駄な想い出 捨ててくれ
北の 北の 北の街灯り
おまえの面影 傷跡浮かぶ

白い海原 遥かな空よ
なんて小さい 俺だろう
惚れた女に 倖せやれず
なにが男の 夢なのか
春をふたりで もう一度
探し出せるか 今ならば
北へ 北へ 北へ流れつき
おまえが欲しいと 傷跡叫ぶ