Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

キャベツ白書~春編~

キャベツ白書~春編~

  • 歌手:
    つばきファクトリー
  • 発売日:
    2016/05/18
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,700
 
小さな列車が進む線路を 辿るように走るバスに乗って
夏が来るたび田舎へ おばあちゃんのところへ
嫌いだったはずのキャベツも茄子も おばあちゃんが作ったものなら
甘くておいしくて 好きだった

体の弱いお前も ばあちゃんが作った野菜とご飯を
食べていればきっと強くなるから
朝も昼も夜も嬉しそうに料理してくれたね
立ち上がるたび右手で いつも腰を押さえながら

種を蒔いたら愛情注いで雨を受け止め そしてまた愛してやれば必ず実ると
全ての命に 感謝をせんとね さあさ手を洗ってご飯を食べよう

兎追いし かの山
小鮒釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷

幾つの季節が過ぎただろう おじいちゃんが旅立った日から
いつも元気なはずのおばあちゃんも疲れたよね
ふもとの病院のベッドの上で なんともないからと笑って
私の心配ばかりして

車を運転できるようになって 昨日初めてひとりで
見慣れたはずの畑に行きました
雨の日風の日もひとり守っていてくれたんだ
もう安心していいよ 今日から私に任せて

家族を想い 命を育み どんなときでも
愛をくれたおばあちゃんのようになりたい
冷たい雨にも 強い風にも しなやかに揺れる稲穂のようになりたい

行きたがっていた榛名神社も温泉も行こう
ねえこれからは わたしたちが稲穂を守るから
楽しくやれるよ みんなでやるんだ おいしいご飯をつくってあげるよ

家族を想い 命を育み どんなときでも
愛をくれたおばあちゃんのようになりたい
冷たい雨にも 強い風にも しなやかに揺れる稲穂のようになりたい