Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

リバティ・僕は君を自由へ誘う

リバティ・僕は君を自由へ誘う

  • 歌手:
    鈴木トオル
  • 発売日:
    1990/08/25
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,881
 
小雨の日曜日の午後
動物園は眠る廃虚
卵のサンドウィッチなら
フェンスごし 君とわけあえる
そんな狭い部屋を
越えてゆかないかい?
たたずむ君の ぬれたつま先
大地を蹴るために あるはずだから

私は街の子供だと
伏せ目がちにゼブラが言った
リバティ 自由を選べば
風が痛いけれど
できることなら そのまなざしに
まだ見ぬ風景をのせてあげたい
これから二人 見つけにゆこう
さえぎるとまどいを 僕は壊すよ

リバティ・扉のむこうに
光る草が見える
自由の意味を 捜しにゆこう
傾く地平線 走るとしても
迷うことなく ふりかえらずに
さえぎるとまどいを 遥かに越えて

微笑みかわす そのまなざしに
まだ見ぬ風景が広がる日まで
僕らはゆこう 道のむこうへ
流れる街並に 日が落ちてゆく